2013年07月31日

肉体改造

東京チームのKです。

今回は、「肉体改造」をテーマにしたいと思います。
我々、営業マン(社会人全般に言えることですが)はやはり「体が資本」です!
健全な肉体と精神があっての営業マンであるというのが体育会系であった私の持論ですが、
ここ最近、その自信が揺らぎ始めてきました。

「年齢はただの数字である」と言った、ボクシングの元ヘビー級王者である
ジョージ・フォアマンの名言がありますが、40歳を目前に控えた
私には年齢という言葉は重く、少しづつではありますが、苦戦しはじめております。

毎年の健康診断も、どこかしらに危険信号が出ているのか、再検査の
項目が出てきており、家の食事も以前と違って、健康食よりになってきました。
以前は、ハンバーガーなどのファーストフード、ギトギトこってりのラーメン、
焼肉など、食べたい時に食べていたのですが、ここ最近は、昼食も含めて
すっかりと普通の食事になってきているような気がします。
また長時間の運転などで腰痛も悪化、体のアチコチから悲鳴が聞こえはじめました・・・
「このままではマズイ・・・」と思った私は、そのような状態から脱却しようと昨年から、
しばらく遠ざかっていた格闘技のジムにも通い出し、メタボ予備軍に入らないように
夜な夜な気持ちいい汗をかいています。
サンドバッグを思い切り殴ったり、蹴ったりするだけで、日常のストレスも吹っ飛びますので、
興味のある方は、ぜひとも格闘技のジムをオススメします。
まずは、横っ腹についてしまった脂肪の塊を排除し、スリムな体に戻そうと頑張っています。
来年の3月で40歳になりますが、健康診断も無事にクリアして、
ナイスバディーに戻った報告をしたいと思います。

さて、格闘技ジムというと「汗臭い」「根性」などイメージがあり、10代、20代の若者が
たくさん通っているかと思いがちですが、私が通っているジムはどちらかというと
いわゆるオヤジ世代の方が多いという、一風変わったジムなのです。
もちろん、10代、20代の若者もいますが、30代、40代のオヤジ世代のほうが
なぜか熱心に練習に取り組んでいます。
もちろん、日中はサラリーマンや自営業などで一生懸命、働いている方ばかりで、
仕事が終わるとジムに通って、ストレスを発散(?)しています。
こういう環境にいると、私も「まだまだ若いモンには負けたくない!」と気合が入ります!
東京チームの若いモンにも負けないように、まだまだ貪欲に頑張っていこうと思います!!

これから真夏本番ですので、皆さんもお体にはくれぐれもお気をつけてください!!
汗をかいて、脱水症状にならないように、スポーツドリンク(水分、塩分、糖分)などを
こまめに飲んで乗り切りましょう!!