[2013年02月] アーカイブ

2013年02月22日

付加価値の力

東京営業チームの山本です。

最近、巷でよく耳にするワードに「6次産業」というものがあります。
6次産業とは、、、、、

●6次産業(ろくじさんぎょう)とは、農業や水産業などの第一次産業が
食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態を表す、農業経済学者
の今村奈良臣が提唱[1]した造語。また、このような経営の多角化を
6次産業化と呼ぶ。
農業、水産業は、産業分類では第一次産業に分類され、農畜産物、水産物
の生産を行うものとされている。だが、六次産業は、農畜産物、水産物の
生産だけでなく、食品加工(第二次産業)、流通、販売(第三次産業)にも
農業者が主体的かつ総合的に関わることによって、加工賃や流通マージン
などの今まで第二次・第三次産業の事業者が得ていた付加価値を、農業者
自身が得ることによって農業を活性化させようというものである。
(Wikipediaより抜粋http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%85%AD%E6%AC%A1%E7%94%A3%E6%A5%AD

●平成23年3月1日、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等
及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」、通称「六次産業化法」が施行
されました。六次産業化法は、地域資源を有効に活用し、農林漁業者等による
事業の「6次産業化」に関する施策並びに地域の農林水産物の利用の促進に
関する施策(「地産地消等」)を総合的に推進することにより、農林漁業等の
振興等を図るとともに、食料自給率の向上等に寄与することを目指しています。
農林水産大臣は、農林漁業者等による農林漁業及び関連事業の総合化の促進の
意義及び基本的な方向等を明らかにした基本方針を定めています。
(第6チャンネルより抜粋 http://www.6-ch.jp/index.html

要は生産者(1次)が加工(2次)、販売(3次)までを複合化させ、経営の
多角化を進めることで生産者の所得の向上や雇用確保を目指す施策のことで
あり、1次+2次+3次=6次(1次x2次x3次=6次)という意味合い
から6次産業と名付けられたとのこと。


前置きが長くなりましたが、先日、車を運転中にラジオを聞いていたのですが
その時のテーマがまさに「6次産業」についてでした。

そこで紹介されていたのが愛知県にある「げんきの郷」。600人以上の農家
を会員として集め、農家が作った畜産物を加工して様々なものを共同で販売し
ているとのこと。例えば、ヘルシー野菜のパスタとかお米から作ったクレープ
などさまざま。そういった加工品や畜産品をショップ形式で販売し新たな付加価値
を作り出しているという。
さらに東京都八王子市にある「磯沼牧場」では100頭の乳牛を飼育しており、
そこから牛乳だけでなくアイスクリームやヨーグルト、牛肉製品を販売。
特にヨーグルトなどは生産者が「食べたらわかる!」と太鼓判を押すほどの
代物でなんと乳酸菌が1ミリリットルあたり13億も存在するらしい。
値段もそれなりで500ccで1個1,200円!!高い!
通常スーパーなどで売っている1個200円程度のヨーグルトに含まれる乳酸菌
の数は1億?3億くらいらしくその差は4?10倍以上。
それでもこの磯沼牧場のヨーグルトは店頭に出せば即売り切れの人気商品。
生産者も「決して安くはない」という認識ではあるが、ある意味ここまでくると
価格競争に巻き込まれないのだそうだ。

世の中モノで溢れかえっているデフレ状態ですが、しっかりとしたコンセプト、
世の中のニーズにマッチした製品やサービス、そして付加価値があれば自ずと
購買動機が生まれ、モノは売れていく。ごくごく自然なこと。


我々オフショアが開発・販売している診療予約受付「アットリンク」もお客様のニーズ
を集結させて日々進化し続けております。弊社は畜産業界とは違いますが
開発(1次)から機能改善(2次)を経て、販売(3次)というプロセスを
経てそれを繰り返しているので「6次産業」と呼べるのかもしれません。

そのためにはお客様のニーズに合った高付加価値商品であらねばなりません。
お客様からのご要望に耳を傾け、ご要望に対して満足していただけるための
新しいご提案をしていかなければいけません。

診療予約受付「アットリンク」はWEB予約システムというカテゴリーに括られることが
よくあります。しかし我々オフショア社員は“業務支援システム”とあえて
呼ばせていただいております。それは単なる予約管理という狭い括りだけではなく、
導入機関様の運用全般に対し支援させていただくさまざまな機能を搭載しているからです。

さらにそれらの機能を導入機関様のニーズに応じて最適な設定をご提案し
パッケージ製品ではありますが、オーダーメイド感覚で唯一無二のシステムと
して導入稼働させていただきます。

オフショアでしかご提供できない高付加価値なシステムを目指して、これからも
皆様のお役に立てることを切に願っております。

投稿者 offshore : 17:56 | トラックバック (0)

2013年02月12日

百聞は一見にしかず

システムチームの平野です。

最近寒い日が続きますね。
東京で記録的な大雪が降るなど、今年は特に寒いような気がします。
寒さが苦手な自分としては辛いばかりです。
僕はこの会社に入社するとともに滋賀から引っ越してきたので
「滋賀より気温の高い神戸なら暖かいのかな?」と思ってましたが正直変わりません。
寒いものは寒いです。

さて急に仕事の話になりますが、弊社では予約受付システム「アットリンク」以外にも
院内で利用するクリニック独自のシステムを構築したりしています。
システム稼働までの間に何度か医療機関にお邪魔し実際の業務を真横で見せても
らうのですが、やはり実際の現場を見ると理解度が全く違いますね。
それまでも打合せで何度も業務についての説明は受けていたのですが、
要所要所を漠然と理解しているだけで全体的な流れを掴めないでいましたが
実際の現場を一目見ると今まで点で理解していた部分が一気に線で結ばれたような気がしました。

何日も現場に行き、一日中現場を見学するというのは正直大変でしたが得られるものは
かなり多かったのではないかなと思います。
特に現場の空気や一生懸命さを直に感じられたことはシステムを作る自分のやる気にも
大きく影響しました。
おかげさまでシステムは安定して稼働しており好評を頂くことができました。

まだしばらく寒い日は続きますが風邪を引かないよう頑張りたいなと思います。
早く暖かくなりますように。

投稿者 offshore : 17:33 | トラックバック (0)