[2008年12月] アーカイブ

2008年12月25日

ラーメン屋めぐり

こんにちは、東京オフィスのFです。

先日、小学校からの友人S氏と東京美味い

ラーメン屋めぐりを行いました。

彼も私も自他共に認める麺類好きであり、

今回は彼のお勧めラーメン屋及び私がどうしても

行きたいラーメン屋に行って参りました。


1軒目は、JR市ヶ谷の「くるり」朝10:30から並び、

11:00開店と同時に入店しました。コクのある味噌でした。

2軒目は、知る人ぞ知る、JR大崎にある「六厘舎」のつけ麺。

ここは1時間40分並びました。評判どおりの美味さでした。

3軒目は、上野にある「大喜」あっさりとした塩ラーメン。

ここは20分程度並びました。

どこも有名店であり、評判どおりのおいしさでした。

私的には市ヶ谷の味噌ラーメン「くるり」が一押しです。

※各店の場所等は皆さん、ネットで調べていただければと思います。

さて、2軒目で1時間40分並んだというのは、前述しました

とおりなのですが、私は友人と昔話に花を咲かせていましたので、

まだ気が紛れました。(一人では絶対に並びません。)

私達の列の後ろに、30代前半位のカップルが並んでいました。

女性のほうがどうも男性に連れてこられたようで、

「こんなに並んで本当に美味しいの?」と男性に

聞いておりました。男性は「美味しいよ。食べれば

わかるよ。スープが絶品だよ」と答えておりました。

「携帯で順番取れればいいのに。」と女性が言いました。

その文言に仕事柄反応してしまい、二人の会話を

悪いとは思いつつも盗み聞きしてしましました。

「私の行っている、病院は携帯で予約ができるの。

待ち時間がどのくらいかもわかるようになってて、

非常に便利なの。ここも携帯で予約が取れたらいいのに・・・」

という会話でした。どこの医療機関に通っているのか

定かではないですが、やはり、医療機関のネット診療予約は

浸透しているとここでも実感しました。
 
 
 
2008年の本年もおかげさまで、多くの医療機関さまに
 
新規ユーザーさまとしてご採用いただきました。
 
この場をお借りして、感謝したいと思います。
 
本当にありがとうございました<(_ _)>

 
来年も、診療予約システム「アットリンク」を通じて

患者さまの利便性向上、医療機関さまの
 
業務改善に貢献できるお仕事ができるよう
 
がんばりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。 
 
  
 
てな、わけで、
 
今年はこのへんにしといたろ。

投稿者 offshore : 08:32 | トラックバック (0)

2008年12月20日

和製英語

神戸営業チームのHです。

 
 
いきなりですが普段、皆様が仕事やプライベートなどで

使っている英語であろう言葉が、実は日本でしか通用しない

和製英語であると気になられた事はありませんか?
 
 
「ジャパニーズイングリッシュ」これも造語なのですが、
 
和製英語といっても全くの造語や、単語は存在するが意味が全く違う言葉、
 
ただ単に使い方が違う言葉、発音次第では危険な言葉など・・・・
 
意味合いも深く、例を挙げれば切が無いのですが、普段仕事などでよく使っている
 
クレーム、サラリーマン、ノートパソコン、フリーダイヤルなどなど
 
これらも実は和製英語になります。
 
そんな事しっとるわぃ!っていうツッコミは置いとかせて頂きまして(笑)
 
 
実は私Hは留学も含め約10年近く米国に住んでいた経験がある変わり者で、
 
渡米当初その和製英語に大変悩まされ恥ずかしい思いをしました。
  
  
When in Roma, do as the Romans do ?郷に入れば郷に従え
 
という言葉があるように、
 
別に日本国内で使っている限りは通用する言葉なので和製英語でも全く問題も
 
恥ずかしくも無いのですが、一度皆様も調べてみると面白いですよ。
 
意外とあの言葉を海外で使うと・・・・みたいな発見もあります!

 
 
  
さて、話は変わりますが、弊社で取り扱っている診療予約システムは

「atlink」と言いまして、これは@とlinkを組み合わせることによって
 
造られた造語ではありますが、
 
「インターネットテクノロジー(@)を活用して、患者さんにとって病院を身近に感
 
じることができる(Link)仕組みを提供する」
 
という弊社の理念が商品名に含まれております。
 
  
この造語が「予約システム=atlink」と世界中で認識される英語になり
 
某局のTV番組「深いいい話」でも取り上げられ紳助兄やんにも”深いぃ?”
 
と言われるような商品になるよう、社員全員で頑張って行きたいと思います!


投稿者 offshore : 12:54 | トラックバック (0)

2008年12月15日

【まわり道】と【寄り道】

東京営業部のFです。
 
 
先日、お客様のところに会社の車で機器を納品しにいったときのこと。

近所まで着いて安心していると、

「工事中につきまわり道お願いします」

どうやってもいきつきゃしない。 
 
約束の時間がせまり焦る一方(>_<)

で、ガードマンのお兄さんに尋ねると
 
「申し訳ありません。どうぞどうぞ。現場には連絡しておきます」
 
と、さわやかな対応をしていただき
 
関西人のイラチ体質をガチで辱められました。

でも、そのおかげで、いつもとは違う、お客様の
 
近所の景色も見れましたし、お客様からも、
 
「工事中で大変だったでしょう?」
 
と、ほっとするお言葉を頂きました。
 
 
 
人生でも、まわり道があってもいいですよね。
 
 
私の尊敬する小田和正サマは
 
東北大学の建築学科を卒業し
 
早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了という
 
異色の経歴の持ち主です。
 
もともと、ずば抜けた音楽的才能があった彼は
 
高校時代に出場したフォークソングコンテストで
 
優勝して有終の美を飾るはずが、なんと2位という結果。
 
そこで、プロの歌手としての夢をあきらめられず
 
いまや日本を代表するアーティストとなったのです。
 
うーん、すばらしき「まわり道」!!
 


  
営業トークでも、まわり道するほうがうまく話が進むことが多いです。
 
お客様の趣味や趣向をくみとり、話を盛り上げていく。
 
でも、本質はあくまで営業。
  
まだまだ経験の浅い私は「まわり道」ではなく「寄り道」なんですよね…
 
で、結局、「また機会がありましたら…」なパターンに陥るのです↓
  
それに対して、弊社の代表取締役はまわり道のプロです。
 
ほぼ100%、かならずと言っていいほど、注文を頂けるのです。
 
押さえるところは押さえる!憧れの存在です。
 
 
 
 
ひさしぶりに、トリビアの泉を
 
【まわり道】遠回りして行くこと。遠回りになる道。→37へぇ
 
【寄り道】目的地へ行く途中で、他の所へ立ち寄ること。→24へぇ

小学生のとき、先生や両親から
 
「寄り道しないで帰りなさい」
 
と言われ続けたのは私だけではないでしょう。

  
  
まだ未婚ではありますが
 
(隠し子のうわさはちらほら…)
 
将来、自分に子供がいれば
 
「寄り道せず、まわり道して帰りなさい」
 
と言ってやれる日が来るといいな(それいけ、妄想族!)

投稿者 offshore : 22:28 | トラックバック (0)

2008年12月08日

げん担ぎ

神戸営業部のSです!!

さてさて、2008年もあとわずか。新年を迎える&送るにあたって

色々、「げん担ぎ」を気にされる方々もいるかと思います。

試験合格や、年末ジャンボ宝くじを当てるために・・・などなど


 
私も個人的に営業していくうえ

ここ1年ほど前から、色々「げん担ぎ」をしています。

ここぞ!!という時は決まって同じ下着、ネクタイ、シャツを着ています。

特に下着は絶対に譲れません。(笑)

お恥ずかしながら赤一色、マッカッカの下着を身に着け商談に挑んでおります。。。

赤色の下着を装着して就寝すると寝てる間に

良いエネルギーが蓄えられると母親からも聞いた事もありますので。。。

因みにプライベートで利用している携帯電話も赤色です♪

他には、若干「げん担ぎ」と離れている部分もありますが

某著書に感化されて、お釣りの募金や毎週末は欠かさず

全ての靴を磨くなどなど(毎日してない所に自分の弱さを感じますが。笑)


効果があるかの結果は内緒にしておきますが

実践する事によって気持ちの持ち様が結構代わるのには自分でも驚きます。

何か守られてるような自信が少し出てくる感じです。


「病は気から」とありますが、本当にちょっとしたことで

気の持ち様や、体調、姿勢というのが変わる事を実感しますし

仕事以外のプライベートでも良いように影響が出ているのではと思います。


さてさて、今後私とお会いする機会があれば

少し目を凝らしてお尻の辺りを見てみてください。(笑)

赤い下着が透けてれば、私にロックオンされていると

思っていただいて結構です♪


もちろん、アットリンクを導入していただくと、

どんな「げん担ぎ」よりも良い効果が出ること間違い無しですよ!!!


お試しあれ♪♪

投稿者 offshore : 22:50 | トラックバック (0)